中野区新井の鍼灸治療院

患者さんからの質問

  • HOME »
  • 患者さんからの質問

ブログに掲載しました「患者さんからの質問」を紹介します。独自の視点で患者さんの疑問や質問にお答えします。参考にしていただければ幸いです。

鍼灸治療の鍼は痛いですか?

たいへん多い質問です。痛みは人それぞれ感じ方が違いますので、主観になります。痛い鍼は苦手だという患者さんもいれば、痛くないと効いた気がしないという患者さんもいます。鍼は「痛い」「痛くない」と単純に答えられない質問でもありますが、基本的に鍼灸の鍼は髪の毛ほどの太さなので、それほど痛くはありません。しかし、「はり」という言葉の響きで注射針や縫い針を思い浮かべますと痛いイメージを持ってしまいます。ただ、痛い鍼を刺す鍼灸師も大勢います。

鍼の痛さはいろいろな要因に左右され、また鍼灸師の考え方により痛みに違いが生まれるように思います。大げさに言えば鍼灸師の哲学が鍼の痛さに影響します。痛みを左右するいくつかの要因について考えてみたいと思います。

 

鍼の太さについて

鍼灸で使う鍼はたいへん細いですが、その中でも太い部類の鍼は絶対的に痛くなります。使われる鍼の太さは、番号で規格されています。0番という鍼が0.14㎜で細い鍼になります。5番で0.24㎜、10番で0.34㎜となります。中国鍼はさらに太いものになります。私は普段、主に0番(0.14㎜)と2番(0.18mm)を使い、場合によって0番よりさらに細い00番(0.12mm)を使っています。

 

鍼先の形状について

日本の鍼は、よく作られていて痛みを和らげる鍼が多くあります。しかし、原産国は海外のものが多く存在します。また鍼先の形状(角度)によって、痛みが変わります。鍼灸師の刺し方など特性に合わせた形状の鍼を選ぶことで、痛くない鍼を刺すこともできます。

 

鍼の材質について

現在使われているほとんどの鍼の材質は、ステンレスになっています。また、痛みを緩和する目的でシリコンがコーティングされている鍼もあります。

昔から金や銀を材質とする鍼があります。金鍼や銀鍼といいますが、純度は9割位になっています。金や銀の鍼は、痛みの質が違うような感覚を受けます。また金や銀の鍼は、やわらかいので刺す技術が必要となります。金鍼や銀鍼は、滅菌の問題やコストがかかるので、使う先生は少なくなっています。

 

鍼を刺す技術について

一般的に細い鍼は、刺す技術が必要となります。ただ刺すだけなら簡単なのですが、効かせることが難しくなります。太い鍼は、刺激量が多いのでツボから少しずれて鍼を刺しても効かせることができます。しかし、0番のように細い鍼はツボからずれてしまうと効かせることができなくなります。細い鍼を使いこなすためには、正確にツボを探して、正確に刺し、深さなどを調節しながら効かせる技術が必要になります。

また、鍼の刺し方もいろいろな技術があり影響します。剣道でいう五行の構え(中段の構え、上段の構え、下段の構え、八相の構え、脇構え)のようなものになります。鍼を刺すときは右手と左手の操作と道具が必要になりますが、個々の鍼灸師の技術には差があり、痛みに違いが生まれます。私の巣鴨の師匠は手先がやわらかく器用なので痛みを与えることなく3本同時に鍼を刺すことができたり、左右両方の手を使い分けて痛みを与えず鍼を刺すことができます。

 

刺す場所について

身体も刺す場所により、痛みに違いがあります。手のひらや顔は痛みを感じる神経が多いため痛みを感じやすく、背中は比較的痛みを感じにくくなっています。このように鍼を刺す場所にも気を使うことが必要だと思います。私は顔に鍼をするときは、内出血をしやすいこともあり、0番よりさらに細い0.12㎜の鍼を使います。

 

リズムについて

人はリズムやテンポに順応しやすい動物です。言葉を変えれば、リズムやテンポに慣れやすく騙されやすい動物でもあります。痛い鍼でもリズムよく、一定の間で刺されると痛みを忘れてしまうことがあります。治療を受けていて鍼が痛かったり、痛くなかったりすると身構えてしまい、痛いという印象だけが残ってしまいます。私の前橋の師匠は、痛い鍼を刺すのですが、リズムと間が一定のため患者さんは常に安心して治療を受けていました。私はいつも治療を受けながら寝ていました。

 

鍼とツボについて

ツボにうまく鍼が刺さると痛みを感じないことがあります。さらに症状が悪いときにツボにうまく鍼が刺さると、痛いどころか気持ちよさを感じることがあります。逆にツボを外すと痛いことがあります。ツボをうまく捉える鍼灸師の鍼は痛くないように思います。

 

述べてきたように鍼の痛みは、様々な要因を鍼灸師がどう考え、実践するかにより違いがでます。最後に、患者さんの症状を治すことが前提となりますが、傾向として痛い鍼が嫌いな鍼灸師は、痛くない鍼を刺す先生が多いような気がします。一方、痛い鍼でも治ればよいと考える鍼灸師は、痛い鍼を刺す先生が多いような印象を受けます。なお、私は痛い鍼が苦手ですので学生時代から細い鍼を使っています。正解はありませんので、最終的には鍼の痛みを患者さんがどう受けとめてくれるかによると思います。

お灸は熱いですか?

当院も含め多くの鍼灸院では、痕に残らないほんのり温かい気持ちのよいお灸を行っています。熱さを感じたらすぐお灸を取りますので、また火傷もしません。以上から熱くないとお答えします。

ただ、お灸というと悪いことをしたときの「灸を据える」というようにお仕置きの熱く、痕に残るお灸をイメージする方が非常に多いように思われます。しかし現在、このような熱く、痕に残るお灸をしている鍼灸院はほとんどないと思います。

お灸は江戸から昭和初期頃まで家庭でも盛んに行われていました。現在は国民皆保険制度が整っていますので、誰でも安価に医療を受けられるようになりました。しかし当時は医療制度が整っていませんでしたので、病気にかかれないという事情、背景がありました。裏を返せば、お灸をすると病気になりにくい身体をつくれるということになります。先人たちの知恵だと思います。

ただし火を使いますので、我慢しないでください。

治療中眠くなる・トイレに行きたくなる・お腹がグルグルなる

治療中に眠くなる

治療中に眠くなることは、身体にとってよいことです。自律神経における副交感神経が優位になっている状態ですので、リラックスし身体が休息、修復をしている状態です。

 

トイレに行きたくなる

治療中や治療後にトイレに行きたくなることは、身体にとってよいことです。自律神経における副交感神経が働いている状態ですので、鍼や灸が効いています。遠慮なくお声かけください。

 

お腹がグルグルなる

治療中にお腹がグルグルなることは、身体にとってよいことです。内臓は自律神経における副交感神経に支配され働いています(ただし交感神経や交感神経と副交感神経の両方に支配されている内臓もあります)。鍼や灸が効いて副交感神経が刺激され、胃や腸が動いてグルグルなっている状態です。お腹がグルグルなると患者さんは恥ずかしいと思いますが、気にする鍼灸師はいません。なお、鍼灸治療は内臓疾患によく効きます。

 

治療中に眠くなったり、トイレに行きたくなったり、お腹がグルグルなったりすることは鍼や灸の治療効果がでている証拠なので全く気にしなくて結構です。状態がよくなっているのだと思ってください。おなら、げっぷ、あくびも同様です。

鍼灸師は、普段の生活の中での食事・睡眠・排便(大便・小便)の状態を重要視します。人間の生理状態の基本であるこの3つが整ってきますと、予後がよくなります。つまり治りや改善が見えてきます。逆に整わないと時間がかかることが多いです。

治療後によくなった感じがしない

治療直後に症状の改善がみられないことはあります。このような場合は、少し時間をおいて変化がでてくることが多いです。また、治療を受けた日はしっかり睡眠をとってください。起きた後すっきりし、症状がよくなっていると思います。

時間をおいて改善されたという頭痛の症例をあげます。私は必ず治療の前に脈を診ます。治療後に再度脈を診て、改善の方向へ変化がでているかを確認します。脈に変化があれば、その場で症状の改善がみられなくても、時間差で症状の改善がでることがあります。その日は早めに休んでいただいて起きたらすっきりしたということはよくあります。

ただし、治療後に脈の変化がないときは、時間がかかることが多いです。

治療は旅行の前か後か

家族との旅行を予定しているが、治療を「旅行の前」に受けるか「旅行の後」に受けるかという質問です。私は「旅行の前」に受けるべきだと思います。理由は、治療を受けることが第1の目的ではなく、旅行を楽しむことが目的だからです。ベストの状態で旅行を満喫してもらいたいと思います。

また、昔から東洋医学や鍼灸は、予防医学といわれています。病気になってから対応するのではなく、病気になる前に対応していくという考えがあります。旅行は疲労もたまるので帰宅後は体調を崩しやすくもなります。そうならないように前もって体調を整えておくことが大切だと思います。

イベントがあるときの治療を受けるタイミングは、旅行だけでなく様々な状況に共通します。ゴルフなどのスポーツをするとき、人前での講演やスピーチを控えているとき、面接やデートで失敗ができないとき等など。イベントの前に治療を受けると質のよい睡眠がとれます。また胃腸を含めて体調が整い、顔色もよくなり、緊張せずに力を発揮できると思います。

血管の上に鍼やお灸をしても大丈夫ですか?

自宅でお灸をしてもらっている患者さんから受けた質問です。大血管以外は、基本的には問題ありませんのでそのままお灸をしてもらって結構です。気になるようでしたら少しずらして血管を避けてお灸をしてください。

ツボには、動脈拍動部といって血管のドクドク拍動している箇所にとるものがあります。なぜかというとよく効くからです。また、血管は弾力性があり鍼灸で使う細い鍼は刺さり難くなります。鍼が血管にあたると、血管が動いてよけてくれるイメージです。

しかし毛細血管などの細い血管に鍼が刺さると、内出血することがあります。これは鍼を抜くときなどの鍼灸師側の技術的な問題が影響します。

お酒を飲んだ後に治療を受けられますか?

私は治療を原則お断りしています。お酒を飲んで酔った状態で治療を受けると、酔いが強くまわってしまうような症状になります。駆け出しの頃、お酒を飲んだ親戚に治療をして失敗した経験があります。お酒に強い人でしたが、動けなくなってしまい慌てた記憶があります。専門的には、ドーゼオーバーの状態といいます。

ところで、鍼灸治療は二日酔いによく効きます。頭痛やめまいがよくなり、アルコールの抜けもよくなります。アルコール過多による急性の肝炎や膵炎などの症状にもよく効きます。昔、友人が飲み過ぎて急性膵炎の症状になったときに緊急で治療をしたことがありました。

最後に「治療の後にお酒は飲めますか?」という質問に答えたいと思います。症状を治すことが目的なので、お酒は飲まない方が一番だと思います。ただ飲むことだけを考えますと、私が行うような全身治療では、身体の状態を診ながら治療を行っていきますので、身体に余計な刺激を残しません。治療を受けた後、お酒が美味しく飲めると思います。肝臓、膵臓、腎臓などの内臓機能が高まりますので、たいへん美味しく感じます。

診療日カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28  
PAGETOP
Copyright © ぬくい治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.